「職人という生き方」展 vol.19 江戸木目込人形

  

 

 「職人という生き方」展 vol.19 江戸木目込人形

日時 : 2016年3/2(水)〜5月31日(火) 8 : 00〜20 : 00
場所 : 25F ART sop 掌tanagokoro

木地に彫った筋目に色とりどりの生地を“きめ込み”つくる「江戸木目込人形」。個性的で品格のある姿は、江戸の頃より人々の心を捉え愛されてきました。第19回を迎える「職人という生き方展」では、江戸木目込人形の老舗『柿沼人形』のご協力のもと福を呼ぶ“招き猫”を取り上げ、その魅力をご紹介致します。展示販売をはじめ、工房での製作風景をまとめたスライドショーなどを用意して、みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

 

  柿沼人形(かきぬまにんぎょう) /独創的な雛人形・五月人形をつくる人形工房。数多の受賞歴を持つ伝統工芸士・柿沼東光は、螺鈿の象嵌や彩色二衣重(さいしきふたえかさね)などの技法でも知られている。独自技法による表現の追求とともに“時代の今”を見つめた斬新な作品が、今もなお次々と生み出されている。

 

 

 

 

 

 

 

江戸木目込人形を取材した記事を「ニッポンのワザドットコム」に掲載しています。
ぜひ、こちらもご覧ください。

ニッポンのワザドットコム http://www.nipponnowaza.com/

「TOPページ」→「編集部注目の特集記事」→「求道者たち」  (3/1より記事掲載予定)

 

前のページへ

宿泊プラン検索

ご宿泊日(年/月/日)

/ /

宿泊数

室 


ご宿泊人数(1部屋の人数をご入力ください)

大人 : 名