【NEW】Artist in Hotel “アーティストルーム 縄文”が完成しました

  

 

泊まれるアート。ホテル客室の壁がキャンバスに!

 

お部屋を丸ごとアーティストが装飾する「アーティスト イン ホテル プロジェクト」。

アーティストルームの28室目は「縄文」をテーマに、画家の香川大介さんが2016年11月14日から制作をスタート、ホテルに滞在しながら約1ヶ月間制作を続け、2016年12月23日に完成いたしました。

生活に季節や自然を取り込むことで、その美しさを楽しんだ日本の美意識の原点が縄文文化にあると考える香川さんが、自然と共存、調和する縄文人の精神性を、失いつつある現代のホテルの一室に表現したいと制作に臨みました。

アーティストルーム「縄文」では、繊細な表現のなかに、古来より受け継がれてきた日本の「ものづくり」を楽しむ精神性を感じることが出来ます。縄文的造形を基にしながら作家独自の文様パターンで装飾されたお部屋で、縄文の世界観をご堪能ください。

 

 

 

[ 作家からのメッセージ ]

古く日本には1万年以上に及ぶ『縄文』という時代がありました。火や水、土地の精霊をかたちどった土器類が多く発掘されていることから、狩猟採取生活の当時は後に続く農耕中心の生活に比べ、より自然界とのつながりが深かったように思います。土に木と森は山へ、川は海へつながり、空には日と月と星々。人の営みと自然は共にあり、その豊かさは遺された作品を通し現代の私たちにも伝わっています。生活に季節や自然を取り込みその美しさを楽しむ心は、日本のみならず世界中に共通するものです。この部屋で何か通じるものを感じていただければ嬉しく思います。創作を楽しんだ縄文の人々に思いを馳せ、楽しく描かせていただきました。

香川 大介

 

 

【アーティストルーム「縄文」 概要】

宿泊開始:2017 年1 月17 日(火)より販売開始
WEBサイト上またはお電話にて販売

部屋タイプ:アーティストルーム シングル
広さ:19 平米 ベッドサイズ:1,400×1,950

販売料金:1室2名利用 35,000円
(消費税・サービス料・東京都宿泊税込)

ご予約・お問い合わせ:03-6252-1100

特設サイトURL:http://www.parkhoteltokyo.com/artcolours/aih.html

[総合プロデュース] creative unit moon

 

 ■作家略歴

香川 大介
1981 年福岡県生まれ、画家。
フランス/パリでスケートボードデザインをてがけ、また2 年間徒歩で日本を縦断しながら制作を続
けた経験などから、今も国内外問わず各地での制作を精力的に行っている。現在は栃木県日光市に在
住、自身で古民家再生をてがけ、工房・ギャラリーを併設する『香川大介美術館/吉見屋』を設立。
形にとらわれない“創作”そのものを中心とした生活をおくっている。

[主な展覧会]
2009 年2 月 京都/東本願寺 企画展『感応−真宗と出遇った芸術家たち』に出品。
2011 年以降 長野/大町市 『信濃の国 原始感覚美術祭』に毎年参加。
2011 年9 月 栃木/日光市 『香川大介 生の絵画展』(小杉放菴記念日光美術館)
2015 年11 月 インド/ビハール州カガリア ウォールアートフェスティバル(WAF)に参加。

 

 

 

前のページへ

宿泊プラン検索

ご宿泊日(年/月/日)

/ /

宿泊数

室 


ご宿泊人数(1部屋の人数をご入力ください)

大人 : 名