【12/4~】「アーティスト・イン・ホテル」番外編 地下2階エレベーターホールにて制作開始

 

「アーティスト・イン・ホテル」プロジェクトは“Artist in Residence”のパークホテル東京版で、日本人のアーティストが「日本の美意識」をコンセプトにホテルに滞在しながら客室の壁や天井に制作したプロジェクトです。2017年には「ジャパン・ツーリズム・アワード」で国内・訪日領域「領域優秀賞」を受賞しました。

その番外編として、お客様をパークホテル東京へといざなう大切な空間であるホテルエントランス、地下2階のエレベーターホールにて新たな制作を行います。

制作を行うのは「アーティスト・イン・ホテル」プロジェクトで「アーティストルーム 歌舞伎」を手掛けたOZ-尾頭-山口佳祐。「露地」からインスピレーションを受け、「間(はざま)」というテーマでの制作を行います。
千利休いわく露地は「浮世の外ノ道」。日常と日本の美意識あるアートホテルの間にあるエレベーターホール。一期一会の主とゲストとの交わりへの導入部となる場所をイメージしております。

日本独特の空間美、「間(はざま)」の世界観にご期待ください。

 

 

期間:     2018年12月4日(火)~12月14日(金)
                  *期間は制作の進行状況により変動する可能性がございます。
場所:     地下2階エレベーターホール
テーマ: 間(はざま)
アーティスト:OZ-尾頭-山口佳祐
略歴
原始循環思想を軸に万物は円を描き そのイメージは肉体を通し増幅し続け
独自の手法を用い、表現し、創りはじめる 
自然の中、木々や土に触れ わたしは大地に溶け込んでゆく
2001年からLive Paintを始め、即興性と場の特異性を追求
一方で数々の店舗内外装、展示会等の企画や出展も行っている
近年、奉納大絵馬や絵解き用絵画を手掛けたことで、日本独自の思想や感覚が融合
万物に秘められた“何か”を追求し続けている

2011

大絵馬『御柱大祭行列図』を描き、長野県の武井神社へ奉納

2013

大絵馬『千歳宮秋季例祭神輿渡御図』を描き、 長野県の千歳の宮へ奉納

2014

アイスランドへ招待され、国際アートフェスティバルに参加
『善光寺参り絵解き図』を描き、新たな絵解き文化に携わる

2015

「OZ-尾頭-山口佳祐展」gallery82、長野県
トルコへ招待され、国際アートフェスティバルに参加

2016

大絵馬『東区観音堂今昔絵図』を描き、 長野県の東福寺東区観音堂へ奉納
ニューヨーク「RONIN-GLOBUS ARTIST IN RESIDENCE PROGRAM」で最優秀賞を受賞
「OZ-尾頭-山口佳祐展 ― あい My 味 ― 」gallery151A、東京都

前のページへ

宿泊プラン検索