POCKO PARK “SOUND OF WAVES”展

ART colours Vol. 29

パークホテル東京では、アートを媒介に日本の美意識のひとつでもある「設え」によるおもてなしでゲストをお出迎えしております。その取り組みのひとつとして、日本の四季を表現する展示会ART coloursを開催しています。29 回目となる今回は、「夏」をクリエイティブ・プラットフォーム「Pocko(ポコ)」によるキュレーションで表現いたします。

「夏はいつも最高のできごとの予感がする…」
—チャールズ・ボウデン(アメリカ/ノンフィクション作家)

真夏のグループ展。様々なバックグラウンドを持つ国際色豊かなアーティストたちによる、未来へと開かれた新作コラボレーションを含む、大掛かりな展覧会を企画いたします。

まるで夏の偶然の出会いのように。アーティストコラボレーションの歴史は語るまでもないでしょう。例えばマルセル・デュシャンとマン・レイ。ジャスパー・ジョーンズとロバート・ラウゼンバーグ。あるいはアンディー・ウォーホルとジャン=ミシェル・バスキア。

夏は、無限の可能性がひらかれる時。日は長くなり、気温は高まり、海にだって行きたくなる。夏といえば自由と青春。学校も衣服も脱ぎ捨てて。冒険、可能性、探検のとき。夏は、私たちを信じさせてしまうのです。

偶然に引き寄せられた夏の出会いは、人生の転換点にだってなり得ます。一期一会のスパイスに彩られ、アーティストたちの様々な作品が、有機的な化学反応を引き起こす。波、それはエネルギーの振動と揺動。はるか遠くの岸からやってきたクリエイティビティの波の数々が、その偶然の出会いをめがけ、ひとつに溶け合う瞬間を捉えて、未知の新たなエネルギーを生み出します。

本展では、国際的な知名度の著名アーティストから若手クリエイターまでを一堂に会し、写真、絵画、イラストレーション、アニメーション、彫刻作品など様々なメディウムをPocko(ポコ)のキュレーションで展開いたします。日本に初上陸を果たすPocko Japan(ポコ・ジャパン)の根幹に流れるコラボレーションと橋渡しへの想いは、いよいよ日本とヨーロッパの狭間を、クリエイティブの創り手と語り手たちとの狭間をつないでゆきます。

「波打ち際だけでは、海の全容は知り得ない。」
—ウラジーミル・ナボコフ(ロシア/アメリカ/スイス、作家・詩人)

■ART colours Vol. 29 POCKO PARK “SOUND OF WAVES”展 概要■
【期間】2019年6月3日(月) – 9月1日(日) 11:00 – 20:00 無休
【場所】パークホテル東京ロビー (25F) / アーティストフロア (31F) / Corridor Gallery 34 (34F)
【料金】入場無料

【出品作家】Michela Picchi / Masanori Ushiki / Linn Fritz / Kyoko Hamada / Marco Oggian / Paul Bower /Hiro Sugiyama / Svetlana Fialova / Ichiro Kono / Martin Holtkamp / Nomoco / Van Santen & Bolleurs / Vasty / Keenue / Geray Mena / Atsuhide Ito / Bijou Karman / Lobulo Studio / Niky Roehreke / Haruna Kawai 他、出品予定

[キュレーション]Pocko(ポコ)
[主催]パークホテル東京

Projection Mapping
© Michela Picchi courtesy POCKO Japan
Wave of colours
by Nomoco

“日本の美意識が体感できる時空間”

交通案内予約確認 宿泊予約

最安値料金はこちら!