画家・沼野 伸子さんによるアーティストルーム 制作決定

客室が丸ごとアート作品になっている「アーティストルーム」は当ホテルのシンボルとしてお客様にご好評をいただいています。31階フロアの客室はすべてアーティストルームですが、34階フロアの客室もすべてアーティストルームにする予定です。

34階の第3室目のアーティストルームは、現在開催中の「プレシャスタイム」展に出展中の画家・沼野伸子さんが制作することとなりました。沼野さんは、草花をモチーフに日本の伝統的な紋様を取り入れ制作をするそうで、「道端の草花を愛でるように、のんびりとした時間が過ごせるお部屋になれば」とコメントしています。

沼野 伸子_パークホテル東京_アーティストルーム

沼野伸子さんの作品

沼野 伸子_パークホテル東京_アーティストルーム

今回制作するアーティストルームの模型

 

制作担当:画家・沼野伸子さん
制作テーマ:草花(仮)
制作開始日:8/16(月)※制作期間は12月末までを予定
制作場所:パークホテル東京34階 3427号室(ダブル)
作家略歴:
1984 年 埼玉県生まれ
2009 年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業

[主な展示 個展]
2020 年 よこをむく(gallery UG
2019 年 はっぱととりと(gallery UG)/ さんぽ めじるし(Gallery Camellia
2016 年 NOSTALGIA(Gallery Camellia)
2015 年 3 時のお茶会(ポネット/埼玉県)
2009 年 変化する景色(GREEN ART TEAM/埼玉県)

[滞在制作]
2018 年 紀の国トレイナート2018(切目駅担当)
2017 年 紀の国トレイナート2017(切目駅担当)

[グループ展]
2020年 Laissez-faire(gallery UG Tennoz)
掌展 TANAGOKORO-TEN(大丸札幌店 美術画廊)
Spring Breeze-spring has come(パークホテル東京)
ONE ART TAIPEI 2020 (台北西華飯店/台湾)
2018年 ひかりをまって face to face #14 (Gallery Camellia)
ASYAAF 2018(トンデムンデザインプラザ(DDP)/韓国)
芸術の存在意義「展」(アートイマジンギャラリー)
2017年 SICF18(スパイラルホール)
2016年 大草原平面展(Gallery KINGYO)
2015年 Derby展 2015年第4回平面作品(Gallery KINGYO)
face to face #9「秋の路-あきのみち-」(竹所イエローハウス)
SELECTION~2015 夏~(Azabujuban Gallery)
こくこく 清水真衣×沼野伸子2人展(ギャラリー子の星)
SA×synapse3人展(救世軍清瀬病院)
Azabujuban Gallery 新春公募展(Azabujuban Gallery)
2011年 若き画家からのメッセージ展(すどう美術館)
2010年 Unknown possibility 05(新宿眼科画廊)
トリコロール展(ギャラリー健)

[受賞]
2017年 ワンダーシード2017入選
2016年 ワンダーシード2016入選
2015年 SA×synapse大賞にてart synapse賞受賞
2009年 平成20年度武蔵野美術大学通信教育課程卒業制作優秀賞受賞

◆メディア関係者様◆
制作中の取材や、また31階の既存のアーティストルームへの取材も承ります。お気軽にお問い合わせください。
プレスルームはコチラ

“日本の美意識が体感できる時空間”

交通案内予約確認 宿泊予約