堤あすか さん アーティストルーム「茶室(仮)」制作中

With コロナの時代のアート - 世界を切り取るアーティストの視点が、客室の壁に!

当ホテルの31階客室は、客室の壁に直接絵を描いた「アーティストルーム」となっており、客室そのものがアート作品となっています。「より多くのゲストに日本の美意識・文化を体感してほしい」という想いを込めてアーティストルームを拡充することとし、12月10日から堤あすかさんによる「アーティストルーム 茶室(仮)」が制作中です。

本件は2020年4月から制作開始予定だったものがコロナ禍のため延期され、12月の開始となったものです。「2020年初頭に打ち合わせした際と今では、(客室に)描きたい絵が異なる」と言う堤さん。Withコロナの時代に切り取る世界を、当ホテルの客室の壁を使って存分に表現していただきます。

作家:堤あすか(冬展示「エレメントのカタチ展」出展作家)
テーマ:「茶室」~庭と掛け軸の世界の中へ~
制作開始日:2020年12月10日 ※制作期間は3月末までを予定しています
制作場所:パークホテル東京 34階 3402号室(シングルルーム)

作家略歴:
2007年 C-DEPOTに加入。以来横浜赤レンガ倉庫、青山スパイラル、百貨店、での展示に出品
2016年 C-DEPOT Japan Fushion -花- (パークホテル東京)
2017年  HIROSAKI DESIGN WEEKランタンワークショップ講師担当
2019年  ART colours Vol. 28 堤あすか展 ~祝福の春祭り~(パークホテル東京)

 

◆メディア関係者様◆
制作中の取材や、また31階の既存のアーティストルームへの取材も承ります。お気軽にお問い合わせください。
プレスルームはコチラ

“日本の美意識が体感できる時空間”

交通案内予約確認 宿泊予約