SDGs

sdg_parkhoteltokyo_icon

パークホテル東京 SDGs宣言

株式会社芝パークホテルの経営理念「人をもてなす道を究める」
行動指針「おもてなしの心」(感謝する心を持つ・相手の立場になって考える力を持つ)の基
パークホテル東京は、国際連合が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)に賛同し
サステナブル(持続可能)な社会の実現につとめることを目指していきます

parkhoteltokyo_logo

SDGs(持続可能な開発目標)とは
パークホテル東京におけるSDGsの活動
1.パートナーシップ/コミュニティ
2.働きやすい職場づくり
3.環境への取り組み
4.健康と安全

 


SDGs(持続可能な開発目標)とは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げられた目標です。サステナブル(持続可能)な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

sdg_parkhoteltokyo

 

↑ページTOPへもどる

 

パークホテル東京におけるSDGsの活動

“サステナブル(持続可能)な旅に貢献するために私たちができること”

私たちは以下の通り17の持続可能な目標(SDGs)に貢献することを目指し、4つの重点テーマを掲げました。お客様、従業員、取引先、地域社会に社会的責任を果たすべくサステナブル(持続可能)な取り組みを着実に実行していきます。また、アート活動を通して、障がい者へ貢献する取り組みも実施しております。ART=空間(Atrium)・食(Restaurant)・旅(Travel)のシーンで日本の美意識が体感できるおもてなし(アート)を取り入れ、お客様をお迎えするとともに社会から求められる存在となるように様々な取り組みを行っていきます。
SDGs_parkhoteltokyo_2

 

↑ページTOPへもどる

 

1. パートナーシップ/コミュニティ

[目標]
企業と社会的価値創造の結びつきの強化、地域共生社会

 

sdg_parkhoteltokyo sdg_parkhoteltokyo

 

  • 芸術と文化の活動の場の創出

パークホテル東京は、社会に必要とされる企業を目指し、アートを媒介に共通価値の創造を行い、アーティストへの支援・ 貢献の役割を果たすことを目指していきます。年に一度、港区主催の文化芸術イベント(ミナコレ)へ参加したり、一般社団法人日本現代美術振興協会のART OSAKA事務局協力のもと、館内にてART in PARK HOTEL TOKYO((略称 AiPHT/現代美術のホテル型アートフェア)を開催することにより、ゲストに日本の文化や芸術への理解を深めていただき新たな発見や豊かな心の育成に繋げています。そしてまた沢山のアーティストやキュレーター、ギャラリーの協力により、ホテル館内の各所にアート作品展示(コリドーギャラリー)を通年行い、アートへの付加価値づくりへと繋がっております。

SDGs_parkhoteltokyo_coriddor_2 SDGs_parkhoteltokyo_corridor

パークホテル東京内 コリドーギャラリー会場

ホテル型アートフェア

  • 障がい者アーティストの活動の場の創出と自立支援

「障がい者がアートで夢を叶える世界を作る」を理念にアート事業を行っている一般社団法人障がい者自立推進機構パラリンアート運営事務局協力のもと、社会貢献活動の一環として館内に世界中の障がいのあるアーティストが芸術才能を披露することができる展示会(32階回廊に常設展示)を開催しております。私たちはアートを基軸にしている空間において、国内はもとより様々な訪日外国人をゲストとして迎えている環境で、持続的にアーティスト活動の場を提供し、国内外の人たちに発信することを試みています。展示作品は購入することもでき、展示会場には募金箱を設置しております。バックヤードのスタッフ用と、館内にある自動販売機はパラリンアート作品がデザインされたものを導入しています。売り上げの一部はパラリンアート運営事務局を通して、アーティストの自立と社会進出支援に活用されております。

障がい者アーティスト活動への取り組み
・作品展示の開催(年間を通して開催) 国内外の作品を展示
・作品展示兼販売(売り上げの一部はアーティストへ)
・募金箱の設置
・ホテル館内自動販売機の売り上げの一部を寄付
・パラリンアート世界大会に協力企業として参画

SDGs_parkhoteltokyo_paralym_art_worldcup

パラリンアート世界大会

SDGs_parkhoteltokyo_paralym_art

パークホテル東京内 展示会場

※「障がい者がアートで夢を叶える世界を作る」を理念にアート事業を行っている一般社団法人障がい者自立推進機構パラリンアート運営事務局協力のもと実施
https://paralymart.or.jp/association/

  • 障がい者宿泊の受け入れ

25階にレセプションがあるパークホテル東京は、館内をバリアフリー化しておりユニバーサルルームの用意もあります。館内でご利用いただける車椅子やPHSの貸し出し、チェックイン/アウトの手続きは客室にて対応するなど、障がい者の方でも安心してお泊りいただけるよう取り組んでおります。

  • おもてなしコンシェルジュ在任

「おもてなしコンシェルジュ」はお客様一人ひとりの異なるご利用シーンに応じて的確にご案内し、「日本の美意識が体感で きる時空間」での滞在がより一層思い出深いものとなるよう、日本の美意識とおもてなしにより、記憶に残るホテルライフを 提供するパークホテル東京のおもてなしのスペシャリストです。

 

↑ページTOPへもどる

 

2. 働きやすい職場づくり

[目標]
働き方改革の推進、職場ポリシーの浸透、お客様満足度の向上

 

 
  • 社内表彰制度(Good Job、永年勤続)

Good Job表彰とは、スタッフ同士で印象に残った良い業務の事例をGood Jobとして推薦する取り組みです。そして年に2回、数多くのGood Jobの中から数件の事例が表彰されます。この取り組みは褒める文化の醸成を目的として始まり、自分の仕事に誇りとやりがいを持つことから発展して経営理念・行動指針の実現に向けてのツールとして活用しています。また10年、20年、30年と勤続したスタッフには永年勤続表彰を実施しております。

2019年下期の表彰式

  • 社内研修、文化/芸術の勉強会、クラブ活動、社外研修

社内では次世代のリーダー達を対象に月1回の研修や、ホテルの枠内だけにとらわれない多様で多彩なスタッフ育成を図る目的の読書会、特技や趣味の幅を広げることができるクラブ活動も盛んに行っています。アートに特化したパークホテル東京だからこそ、美術館やアートコンセプトを持つ宿泊施設へ足を運んで勉強をする機会も作っています。2021年度より「ホテルの魅力習得プログラム」をホテル従業員に実施することを開始。ホテル従業員同士で教え合う仕組みを構築し、働き甲斐とお客様満足度の向上の両立を遂行しております。日本のおもてなし精神を学ぶために茶道体験をしたり、個人のスキル/キャリアアップにも繋がる社外セミナーへの参加などの機会も設けております。これらの体験が意識やモチベーションの向上に繋がり、ホテル従業員としてのみならず社会人としての質の向上を目指しています。

  • 外国籍スタッフの雇用/日本語研修

近年、増加しているインバウンド対策のためや、海外から訪日されるゲストにより安心感を得ていただくために、外国籍スタッフを雇用。国籍、年齢、性別に関わらず、誰もが活躍でき、それぞれの能力に応じたキャリアアップが出来る環境づくりに取り組んでいます。また接客スキル向上のために、定期的な日本語研修を社内で実施しています。

SDGs_parkhoteltokyo_staff

2021年7月現在 外国籍スタッフ
9人/64人中
(正社員・契約社員)
スペイン、イギリス、ロシア、イタリア、ネパール、リトアニア、カナダ

  • 時間短縮制度、育児休暇制度の導入(男女ともに)

仕事と子育てを両立させることができ、スタッフ全員が働きやすい環境を推進し両立支援を心がけています。この制度の導入により多様性のある人材開発にも繋がります。

  • インターンシップ(コロナ渦のため休止中)

近年、サービス業に従事する希望者が少ないと言われる中、積極的に大学や専門学校の生徒にとって有益な実習体験を提供し、将来の就職・入社に繋げる取り組みをしています。また姉妹ホテルの芝パークホテルでは、高校や中学校、養護学校の生徒たちの実習体験も数日間に亘って行っています。

  • 自動化ソリューションへの移行

業務の効率化や生産性の向上を実現するため、電子レジカードや24時間対応可能な外貨両替機を設置。また館内の展示作品情報はQRコード化しました。これらの取り組みにより、ゲストをお待たせする時間が短縮できたり、人手不足の解消や残業削減にも繋がっています。ゲストをもてなす時間を増やすことで働きがいの創出になります。

 

 

↑ページTOPへもどる

 

3. 環境への取り組み

[目標]
共有価値の創出、自然共生社会の実現、循環型社会の構築
(人・社会・地球環境へ配慮した「エシカル」な消費行動の取り組み)

 

  • 植物由来成分使用で環境にやさしく

客室には、植物・ミネラル由来成分95%以上配合の THANNのアメニティをご用意しております。そしてホテルエントランスでは、植物から抽出した100%天然の精油を使ったアロマでゲストをお出迎えします。心地よい香りで心やわらぐ心理的効果をもたらし、また植物がもつ元来中和消臭作用や抗菌・抗ウィルス作用で館内の空気の浄化にも効果的です。これらの取り組みは、私たちの安全や健康増進に繋がります。

THANN(バスアメニティ、ハンドウォッシュ) 
・鉱物油、パラベン・MIT、着色料、香料、動物性原料の成分は使用していない商品
・動物実験をしていない商品
・植物・ミネラル由来成分95%以上配合商品

 

  • 節水

全客室に節水型トイレを採用し、シャワーヘッドを節水タイプのハンスグローエ社のECO smartに交換したことにより、20~30%(階層により異なる)の節水をしております。

  • 紙資源の対策

ホテル従業員用の名刺の素材を、バナナペーパーに変更。(随時変更中)

[バナナペーパーとは]
バナナペーパーは、今までは廃棄されるだけだったオーガニックバナナの茎から取った「バナナ繊維」を原料として使用し、日本の和紙の技術を用いて作られた「フェアトレード」の紙です。環境に配慮し、アフリカの貧困層の村に雇用を生み出し、現地の人々の
自立を支え、アフリカの人たち、そこに暮らすいきもの、そして世界をつなげるエシカルペーパーです。

SDGs_parkhoteltokyo_banana_paper_fair_trade SDGs_parkhoteltokyo_banana_paper_one_planet_cafe

PHOTO: One Planet Café

  • 地球温暖化の対策

<プラスチック製品使用の削減>
-プラスチックストロー使用の廃止 -環境にやさしいものへの切り替え地球温暖化の問題のひとつである二酸化炭素削減のために、館内全レストランにてプラスチックストローの使用を廃止し、紙ストロー又はさとうきびストローを導入しています。エグゼクティブミュージアムラウンジやイベント開催時に使用するドリンクの容器は、土に還る素材である竹とバガス(さとうきびの繊維)で作られた生分解性の紙コップWASARA(リンク貼付)を使用しています。※紙ストローからさとうきびストローに随時変更中サトウキビは従来、産業廃棄物として処理されていたバガス(サトウキビを精糖化した際にでる食品残渣)とPLA(ポリ乳酸)で作られた生分解且つ100%天然成分のアップサイクル製品です。

-客室用ミネラルウォーターを紙パック製品で提供(随時変更中)
客室用ミネラルウォーターの容器を、プラスチックボトルの使用を廃止し、紙製品(ハバリーズ製)を導入します。ハバリーズ製品は、FSC認証のリサイクル可能な紙包材を使用しており、紙から紙への再生で100%リサイクルを行います。また1本につき1円を世界自然保護基金に寄付している製品でもあります。

SDGs_parkhoteltokyo_havarys_japan_natural_water   SDGs_parkhoteltokyo_FSC_logo

客室用ミネラルウォーター(ハバリーズ製品) 
・FSC認証のリサイクル可能な紙包材を使用
・紙から紙への再生で100%リサイクル
・1本につき1円を世界自然保護基金に寄付
・九州 佐賀のミネラル豊富な天然水

※ペットボトル製品を年間約17,000本分削減(2019年比)

  • LED化の推進

館内のLED化は全体の8割まで進み、その他は省エネタイプの灯電球を使用しています。今後は全館の照明を順次LEDへ交換し、地球温暖化防止に貢献します。

2020年9月現在 LED化率
客室 ……  80%
客室廊下 …… 100%
レストラン(店内) ……  95%
レストラン(厨房)…… 100%
事務所 (25階)…… 100%
事務所(24階) ……  40%

 

  • レインフォレスト・アライアンス認証製品(コーヒー豆)

各レストランで提供するコーヒーは、すべてレインフォレスト・アライアンス認証製品を使用しています。生物多様性の保全とサステナブル(持続可能)な生活の確保に取り組んでいる国際的な非営利組織のレインフォレスト・アライアンス認定のコーヒー豆を積極的に取り扱うことで、地球環境の保護や発展途上国などの生産者の支援にも繋がっています。また生産者への適正な価格と長期的な取引や、安全な労働環境、生産地の環境保全を認証する国際フェアトレード商品でもあります。

  • 大切な資源のリサイクル徹底

レストランの厨房などで出た廃食用油、ペットボトルやアルミ缶を含むゴミは、リサイクル業者により回収されリサイクルまたは細かく分類され処分しています。

  • エコ清掃への呼びかけ

クリーニングで発生する有機洗剤などの使用を極力抑制することで環境への貢献することができるよう、連泊のゲストにはご 希望によりシーツの交換の省略にご協力いただいております。

 

 

↑ページTOPへもどる

 

4. 健康と安全

[目標]
安心・安全の確保

 

 
  • 食物アレルギー/食事制限に柔軟に対応

ホテルには世界各国からのゲストの利用があり、多国籍なスタッフも多く働いています。中には宗教上の理由や体質による食 物アレルギーや制限のあるゲストやスタッフがいるため、柔軟に対応できるよう複数のメニュー構成にて食事を提供していま す。

  • 全館禁煙

受動喫煙防止や健康維持のため、2014年より全室禁煙になりました。

  • 消防・避難訓練

災害や事故時の持続可能性を強化・維持するため、月1回の防災訓練、年1回消防審査会、防火管理者・自衛消防技術試験・防災センター要員を育成し資格取得を会社がサポートしています。また海外からのゲストが多いホテルとして、英語での防災訓練も実施しています。

↑ページTOPへもどる

“日本の美意識が体感できる時空間”

交通案内予約確認 宿泊予約