秋田美人

第21弾 大谷 有花

アーティストルームの21室目は「秋田美人」をテーマに、美術家の大谷有花さんが2016年3月1日から制作をスタート、ホテルに滞在したり通ったりしながら約1か月制作を続け、2016年3月31日に完成いたしました。
「秋田で、風土や歴史、そこに暮らす人々の気風に触れながら暮らすうちに、日本人としての自分をこれまで以上に強く意識するようになった」という大谷さん。制作したのは、秋田の杉材を随所にちりばめた、和と洋が融合したお部屋です。入り口に描かれた杉林を抜けると、正面には秋田杉でできた窓枠の向こうにハスの花が咲き誇る千秋公園(秋田市)のお堀が描かれ、襖に見立てた左側の壁には秋田を北限とする椿が、天井には陶磁器や和室の意匠に使用される氷割れ文様が秋田杉で表現されています。また、天袋に見立てた窓枠には「西馬音内(にしもない)盆踊り」の踊り手が、クローゼットの中には「秋田竿燈まつり」の提灯などが描かれている、多様な秋田の美のイメージが融合したお部屋が出来上がりました。
杉の香るアーティストルーム「秋田美人」で、日本が誇る繊細な美をお楽しみいただければ幸いです。

[スタッフからのおすすめコメント]
パークホテル東京には、アーティストが巧みにデザインし、装飾を施した特別なお部屋があります。
一瞬で目を奪うお部屋はたくさんありますが、その中でも「秋田美人」のお部屋に心を惹かれたそこのあなた!より一層の楽しみがありますよ。これまでの海外からのゲストの声をもとにすると、カラフルで明るいお部屋が人気でしたが、このような落ち着いたお部屋に宿泊すれば、日本の芸術文化との繋がりをさらに感じられるでしょう。
壁には日本の伝統的な襖、穏やかな湖を映す窓、鏡の横には平安時代(794~1185年)を生きた女性が描かれている美しい絵が飾られています。このお部屋に入るたびに穏やかになり、安らぎを感じることができます。
個人的には、大谷さんがこのお部屋を絵だけでなく、本物の秋田杉を使って立体的に仕上げているところが素晴らしいと思いました。このような工夫のおかげで、モダンな部屋の中に伝統的な日本の雰囲気を醸し出すことができたのです。
古き良き時代の風情があるお部屋で、ゆったりとした時間を過ごしてみては?

Room #3129  |  完成:2016.03

Artist’s Message

2013 年に制作の拠点を秋田市に移して以降、秋田の風土や歴史、そこに暮らす人々の気風に触れながら暮らすうちに、日本人としての自分をこれまで以上に強く意識するようになり、日本人の感性や美意識を凜とした花々の姿に投影する絵画シリーズ「はなすがた」の制作を開始しました。このアーティストルームは、同シリーズの作品コンセプトの延長線上にあります。この部屋には随所に秋田杉材を使用し、和の空間を演出するとともに、私が選んだ秋田を代表する美の数々を描いています。ゲストの皆さまには秋田の美とともに、日本人の繊細な感性や美意識も同時に感じ取っていただければ幸いです。

謝 辞
このアーティストルームの制作にあたり、下記の個人・団体の皆さまにご協力をいただきました。ここに謹んで御礼申しあげます。
秋田県立大学木材高度加工研究所 准教授 足立幸司 様 / 秋田県木材加工推進機構 薩摩鉄司 様 / 株式会社コシヤマ 専務取締役 腰山真司 様 / バニーコルアート株式会社 / 秋田市 / 秋田市竿燈会 / 秋田公立美術大学 (順不同)

大谷 有花

“日本の美意識が体感できる時空間”

交通案内予約確認 宿泊予約

Go To トラベルキャンペーン

当ホテルでも2020年10月1日ご宿泊分よりご利用いただけます。