コリドーギャラリー 26

ソーシェア ギャラリー

時間:11:00 a.m. ~ 5:00 p.m.
場所:コリドーギャラリー26(パークホテル東京26F)
料金: 無料
ご宿泊に関わらず、どなたでもご覧いただけます。

注目の若手アーティストの作品を中心に、伝統工芸や古美術の分野も取り入れた多彩な展覧会プログラムを企画します。また、サステイナブル・キャピタリズムを掲げ、ガーナのスラム街に先進国が不法投棄した電子廃棄物を再利用しアート作品を制作する、長坂真護の大型作品「our friendship (212×152cm)」を常設展示。”アートを通してサスティナブルな社会を創造する” ソーシェア ギャラリーのキュレーションをお楽しみください。

長坂真護

Mago Nagasaka
もっと知る
長坂真護

長坂真護

Mago Nagasaka

スラム街をエコタウンに。 世界最大級の電子機器の墓場と言われるガーナのスラム街“アグボグブロシー”。「サスティ ナブル・キャピタリズムを」合言葉に、この地の貧困問題と環境問題をアートの力で変える 為にアーティストの長坂真護(MAGO)は立ち上がった

1984年生まれ。アパレル会社を起業するが1年で倒産。多額の負債をかかえ、2009年新宿の路上で絵を描き始める。その後、絵を描きながらギャラリーなどへ売り込みを続け、2015年、中国・上海のギャラリーで初の個展を開催。2017年6月、ガーナのスラム街・アグボグブロシーを訪れ、日本を含む先進国が捨てた電子機器を燃やすことで生計を立てる人々と出会う。作品の売上から生まれた資金で、これまでに1,000個以上のガスマスクをガーナに届け、2018年にはスラム街初の学校『MAGO ART AND STUDY』を設立。2019年8月アグボグブロシー5回目の訪問時に53日間滞在し、彼らの新しい希望と生活のために、スラム街初の文化施設『MAGO E-Waste Museum』を設立。この軌跡をエミー賞授賞監督カーン・コンウィザーが追い、ドキュメンタリー映画“Still A Black Star”を製作。アメリカのドキュメンタリー映画アワードImpact Docs Awardで優秀賞4部門受賞。公開へ向けて準備中。2021年4月、伊勢丹新宿店、7月には大丸東京全館での展覧会を成功させ、9月には「MAGO GALLERY」を香港にオープン。今後パリ、ニューヨーク、ロサンゼルスへの展開も決定している。

https://magogallery-shodoshima.jp/

SASHIKO展

-糸と布の世界-

SASHIKO-糸と布の世界-展
期間 2024年5月14日(火)~6月22日(土)
作家 杉前 潤
キュレーター ソーシェア ギャラリー 東村奈保

襤褸(BORO)とは、擦り切れては布を当て刺し子(SASHIKO)を施し、何度も繰り返すことで 幾重にも層になった布のことで、刺し子によって襤褸が生まれ、襤褸によって刺し子が生まれました。 当展示作品は、日本で古くから生活に使用させれてきた服や布団などを解いて当て布に使用し、刺し子の手法で一枚ずつ手縫いで止めつけることで層になっていき、布が辿ってきた時間の経過や、集積することで物質が持つ力を表現しています。布は大きなものから小さなものへと役目を 果たし形を変えていきます。小さくなった布は糸によりお互いを補完しながら再生しその結びつきはより強固なものとなります。 刺し子アーティスト杉前 潤が表現する、糸と布の世界をお楽しみください。

もっと知る

杉前 潤


1983年大阪府生まれ。 2004年上田安子服飾専門学校卒業。在学中にでテーラリングを学び、卒業後ロンドンへ渡る、 ブランドのアシスタント、オぺラ衣装制作などファッションの経験を積む。2006年に帰国、スポーツファッションに身を置きながら制作を開始。スニーカーやマウンテンパーカーなど現代のプロダクトに針と糸だけで補修や装飾する「刺し子」の手法を用いた 作品を発表している。

Gallery

Explore by:
/
/
/

“日本の美意識が体感できる時空間”

アクセス予約確認 宿泊予約