B2F エレベーターホール 間(はざま)

OZ-尾頭-山口佳祐

「アーティスト・イン・ホテル」プロジェクトは“Artist in Residence”のパークホテル東京版で、日本人のアーティストが「日本の美意識」をコンセプトにホテルに滞在しながら客室の壁や天井に制作したプロジェクトです。2017年には「ジャパン・ツーリズム・アワード」で国内・訪日領域「領域優秀賞」を受賞しました。
その番外編として、お客様をパークホテル東京へといざなう大切な空間であるホテルエントランス、地下2階のエレベーターホールにアートを施しました。制作を行ったのは「アーティスト・イン・ホテル」プロジェクトで「アーティストルーム 歌舞伎」を手掛けたOZ-尾頭-山口佳祐。「露地」からインスピレーションを受け、「間(はざま)」というテーマでエレベーターホールに作画しました。
日本独特の空間美、「間(はざま)」の世界観をお楽しみください。

 

スタッフからのおすすめコメント

地下二階にある「間」という空間はお部屋ではなく、エレベーターホールです。色味は金を基調としていますが薄暗いため、もの悲しく感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、この空間の意味を知れば捉え方が変わってくるでしょう。この空間を手掛けたのはアーティストルーム歌舞伎の制作者でもある、OZ-尾頭-山口佳祐さんです。OZさんは、「露地」からインスピレーションを受け、この空間の制作をしました。露地とは、茶道で大切にされている空間で、茶室に向かうための庭園のことです。しかし、お察しの通り、ただの庭園ではありません。茶室は神聖な場所とされており、露地は非日常的空間に向かうための心の準備や、精神統一をするために設けられています。もちろん、ゲストがホテルに向かう間に精神統一をする必要はありません。しかし、地下鉄から繋がっている「日常」の空間から、ホテルロビーに繋がる「非日常」の空間に誘う「間」が、あなたの来館を特別なものにするのです。パークホテル東京という私たちが最大限のおもてなしを提供する場が、お客様にとって茶室のように感じて頂けたらと思っています。

Room #B2F エレベーターホール 間(はざま)  |  完成:2018.12

Artist’s Message

私たちは、潜在的に“間”を意識しながら生きている
自然に対して、ヒトに対して、時間に対して、空間に対して
万物に潜むその存在が、私たちの感覚をより豊かにさせる

この露地に描かれた線や形の奥行きに、“間”は存在しているのだろうか

日常と非日常の“間(はざま)”のその先に、日本の美意識が体感できる時空間があなたを待っている

“日本の美意識が体感できる時空間”

交通案内予約確認 宿泊予約